最新の流行音楽や最新ニュースなど・・・・・


プロフィール

日本音楽流行net

Author:日本音楽流行net
趣味はネットや映画鑑賞や
旅行です(*・ω・)ノ

好きな言葉
成功するのが一番、
失敗するのが二番、
何もやらないのが一番ダメ。
有言実行。
温故知新。

好きな人
頑張ってる人
努力を当たり前と思ってる人



リンク

このブログをリンクに追加する



不況こそ逆転人生♪



最新トラックバック



カテゴリ



最近の記事



アクセス解析



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本音楽流行net
日本音楽流行net がなくなったみたいなので管理人が見つけた音楽サイト♪
⇒JPOPORICONTOP20
NEW RELEASES mp3のとこで新曲みたいです♪


スポンサーサイト

やれば上手くなる「タオル素振り上達法」

【期間限定販売】ど素人がいきなり1ヶ月で69万円も稼いでしまった『タコアフィリ』っていったい・・・ナニ?DX

(返金保証付)『1円が相場の古本を2000円で売る「例の方法」じゃない方法2.0』

安全浮気マニュアル(悪いやつらの浮気術)

スポンサーサイト

<ボクシング>亀田興が2階級制覇、内藤に判定勝ち
 世界ボクシング評議会(WBC)のダブルタイトルマッチが29日、さいたまスーパーアリーナで行われた。WBCフライ級タイトルマッチ12回戦は同級3位、亀田興毅(23)=亀田=が同級王者、内藤大助(35)=宮田=に判定3-0で勝ち、新王者になった。06年8月の世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く国内7人目の2階級制覇を達成。35歳2カ月の内藤は6度目の防衛に失敗し、自身の持つ日本人最年長世界王座防衛記録(34歳8カ月)の更新はならず、日本人の世界フライ級王座防衛回数単独最多記録を逃した。亀田興は次戦で暫定王者、ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との対戦を求められている。

【写真特集】亀田興毅が内藤を破った熱戦の模様

 WBC女子アトム級タイトルマッチ10回戦は同級王者、小関桃(27)=青木=が同級5位、ティラポーン・パンニミット(17)=タイ=を判定3-0で破り、3度目の防衛に成功した。17歳3カ月のティラポーンは男女通じて史上最年少の世界王座獲得に失敗。小関は11戦9勝(2KO)2敗。国内の女子世界王者は4人のまま。

 ▽亀田興毅 もう、今はもう言葉がないです。応援してくれたファンに感謝の気持ちでいっぱいです。まだ夢の途中なので……。オヤジ、どんなもんじゃい。ここまでいろいろあった中、応援してくれた亀田家のファンの皆さん、ほんまにありがとうございます。

 ◆亀田興毅(かめだ・こうき)86年11月17日、大阪市生まれ。11歳からボクシングを始め、弟の大毅、和毅もプロ選手。アマ戦績17戦16勝(12KO)1敗。03年12月にプロデビューし、05年8月に東洋太平洋フライ級王座獲得。06年8月、フアン・ランダエタ(ベネズエラ)に判定勝ちし、国内歴代3位の年少記録となる19歳8カ月でWBAライトフライ級王座獲得。同年12月にランダエタに判定勝ちで初防衛。左ボクサーファイター。戦績22戦22勝(14KO)。

【関連ニュース】
◇写真特集・亀田と内藤◇亀田大毅、王者・内藤に反則技連発(07年10月)
◇写真特集・亀田と内藤◇興毅、大毅、そして史郎氏・・・亀田家の戦いを振り返る(07年まで)
ボクシング:8回を終え亀田興毅が内藤をリード WBCフライ級世界戦
ボクシング:4回を終え 亀田興毅がきん差で内藤をリード WBC世界フライ級戦
◇写真特集・亀田と内藤◇亀田兄弟そろって謙虚な姿勢 KO勝利におごらず(09年3月)

内藤判定負け、亀田が新チャンピオン=ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ
 ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ(29日・さいたまSA)、チャンピオン・内藤大助と挑戦者・亀田興毅の12回戦は内藤が3-0(116-112、117-111、117-111)のユナニマスデシジョンで判定負け。新チャンピオンの亀田はWBAライトフライ級に続く2つ目の世界タイトル獲得で、2階級制覇を達成。

【関連記事】
・ 内藤vs.亀田速報=ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ
・ ジャッジ を調べる

白鵬、朝青龍下し全勝!魁皇は勝ち越す/九州場所
 大相撲秋場所千秋楽(29日、福岡国際センター)白鵬は朝青龍に上手投げで勝ち12度目の優勝を全勝で飾り、年間勝利数を86とした。魁皇は琴光喜を小手投げで下して幕内勝利数を806とし、千代の富士の持つ歴代1位の記録まであと「1」とした。

【写真で見る】白鵬が朝青龍破り15戦全勝!

 横綱同士の一番は両者右四つに組むとがっぷりに。しばらく膠着したが白鵬が前に出て胸が合うと朝青龍を土俵際まで追いつめ、最後は左からの上手投げで勝負を決めた。

 魁皇は立合いで琴光喜の右腕をかかえると、土俵に叩きつけるように小手投げを決めた。魁皇は6場所連続の8勝7敗。

 日馬富士は立合いにのど輪で琴欧洲の出足を止めると、鋭い引き落としで琴欧洲を下した。

 把瑠都は双差しで寄って来る豊ノ島に土俵際まで追いつめられるが、肩越しに取った右上手一本で吊り上げて土俵外に出した。鶴竜は稀勢の里をはたき込んだ。

 豪栄道は立合いで頭からぶつかると、時天空がたまらず引いたところを前のめりになりながらも押し出した。琴奨菊は二本差すと得意のがぶり寄りで旭天鵬を寄り切り10勝目。来場所の三役復帰が濃厚となった。

 平幕ながら最後まで優勝争いに踏みとどまった栃ノ心は北勝力と対戦。栃ノ心は北勝力の押しに上体を起こされると、前に出ようとしたところを引かれて土俵に落ちた。

 勝てば敢闘賞が決まる雅山は立合いで頭でぶつかると、休むまもなく攻めて豊響を押し出して12勝目を挙げた。前半戦に7連勝し場所を盛り上げた嘉風は回転良く張っていったものの、土佐豊にはたき込まれて10勝に終わった。

 三賞は敢闘賞は栃ノ心が初、雅山が5度目の受賞。豊ノ嶋は2度目の技能賞。殊勲賞は該当者がなかった。十両では北大樹が徳瀬川、光龍との巴戦を制し優勝した。

【関連記事】
・ 白鵬、年間新85勝でV決めた!/九州場所
・ 朝青、3連敗…花道で薄ら笑い/九州場所
・ 魁皇、千秋楽で負け越し回避なるか/九州場所
・ 栃ノ心が初の三賞 豊ノ島は技能賞/九州場所
・ 北太樹が十両優勝 ともえ戦制す/九州場所

亀田興が2階級制覇=内藤を判定で破る-WBCフライ級
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は29日、さいたまスーパーアリーナで行われ、同級3位の亀田興毅(亀田)がチャンピオンの内藤大助(宮田)を3-0の判定で破り、王座を奪取した。
 亀田興は世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く2階級制覇に成功。次期防衛戦では同級暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との統一戦が義務付けられる。35歳2カ月30日の内藤は、日本人の世界戦勝利最年長記録更新はならなかった。
 試合は、亀田興がカウンターの左ストレートを多用してポイントをリード。内藤の変則的なパンチも堅い防御でかわした。戦績は亀田興が22戦全勝(14KO)、内藤が35勝(22KO)3敗3分け。日本人の現役世界王者は暫定を含め5人で変わらず。
 2007年10月の同級タイトル戦で内藤に対し亀田家の次男、大毅が反則を繰り返し、複数の処分者を出す事態となった。今回の試合は亀田家の長男が内藤に挑戦して注目され、約2万人の観衆が足を運んだ。 

【関連ニュース】
・ 内藤、亀田興が計量パス=いよいよ29日に決戦-WBCフライ級
・ 「あとは気持ち」「フェアな戦いを」=内藤と亀田が調印式-WBCフライ級
・ わくわくするリングへ=喜び知った亀田家の長男
・ 元日本王者の鈴木引退=ボクシング
・ 念願の相手ついに=王者内藤「すべてぶつける」-WBCフライ級タイトル戦


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。