最新の流行音楽や最新ニュースなど・・・・・


プロフィール

日本音楽流行net

Author:日本音楽流行net
趣味はネットや映画鑑賞や
旅行です(*・ω・)ノ

好きな言葉
成功するのが一番、
失敗するのが二番、
何もやらないのが一番ダメ。
有言実行。
温故知新。

好きな人
頑張ってる人
努力を当たり前と思ってる人



リンク

このブログをリンクに追加する



不況こそ逆転人生♪



最新トラックバック



カテゴリ



最近の記事



アクセス解析



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亀田興が2階級制覇=内藤を判定で破る-WBCフライ級
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は29日、さいたまスーパーアリーナで行われ、同級3位の亀田興毅(亀田)がチャンピオンの内藤大助(宮田)を3-0の判定で破り、王座を奪取した。
 亀田興は世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く2階級制覇に成功。次期防衛戦では同級暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との統一戦が義務付けられる。35歳2カ月30日の内藤は、日本人の世界戦勝利最年長記録更新はならなかった。
 試合は、亀田興がカウンターの左ストレートを多用してポイントをリード。内藤の変則的なパンチも堅い防御でかわした。戦績は亀田興が22戦全勝(14KO)、内藤が35勝(22KO)3敗3分け。日本人の現役世界王者は暫定を含め5人で変わらず。
 2007年10月の同級タイトル戦で内藤に対し亀田家の次男、大毅が反則を繰り返し、複数の処分者を出す事態となった。今回の試合は亀田家の長男が内藤に挑戦して注目され、約2万人の観衆が足を運んだ。 

【関連ニュース】
・ 内藤、亀田興が計量パス=いよいよ29日に決戦-WBCフライ級
・ 「あとは気持ち」「フェアな戦いを」=内藤と亀田が調印式-WBCフライ級
・ わくわくするリングへ=喜び知った亀田家の長男
・ 元日本王者の鈴木引退=ボクシング
・ 念願の相手ついに=王者内藤「すべてぶつける」-WBCフライ級タイトル戦
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。