最新の流行音楽や最新ニュースなど・・・・・


プロフィール

日本音楽流行net

Author:日本音楽流行net
趣味はネットや映画鑑賞や
旅行です(*・ω・)ノ

好きな言葉
成功するのが一番、
失敗するのが二番、
何もやらないのが一番ダメ。
有言実行。
温故知新。

好きな人
頑張ってる人
努力を当たり前と思ってる人



リンク

このブログをリンクに追加する



不況こそ逆転人生♪



最新トラックバック



カテゴリ



最近の記事



アクセス解析



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボクシング 亀田興が2階級制覇、内藤に判定勝ち
 世界ボクシング評議会(WBC)のダブルタイトルマッチが29日、さいたまスーパーアリーナで行われた。WBCフライ級タイトルマッチ12回戦は同級3位、亀田興毅(23)=亀田=が同級王者、内藤大助(35)=宮田=に判定3-0で勝ち、新王者になった。06年8月の世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く国内7人目の2階級制覇を達成。35歳2カ月の内藤は6度目の防衛に失敗し、自身の持つ日本人最年長世界王座防衛記録(34歳8カ月)の更新はならず、日本人の世界フライ級王座防衛回数単独最多記録を逃した。亀田興は次戦で暫定王者、ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との対戦を求められている。

【写真特集】亀田興毅が内藤を破った熱戦の模様

 WBC女子アトム級タイトルマッチ10回戦は同級王者、小関桃(27)=青木=が同級5位、ティラポーン・パンニミット(17)=タイ=を判定3-0で破り、3度目の防衛に成功した。17歳3カ月のティラポーンは男女通じて史上最年少の世界王座獲得に失敗。小関は11戦9勝(2KO)2敗。国内の女子世界王者は4人のまま。

 ▽亀田興毅 もう、今はもう言葉がないです。応援してくれたファンに感謝の気持ちでいっぱいです。まだ夢の途中なので……。オヤジ、どんなもんじゃい。ここまでいろいろあった中、応援してくれた亀田家のファンの皆さん、ほんまにありがとうございます。

 ◆亀田興毅(かめだ・こうき)86年11月17日、大阪市生まれ。11歳からボクシングを始め、弟の大毅、和毅もプロ選手。アマ戦績17戦16勝(12KO)1敗。03年12月にプロデビューし、05年8月に東洋太平洋フライ級王座獲得。06年8月、フアン・ランダエタ(ベネズエラ)に判定勝ちし、国内歴代3位の年少記録となる19歳8カ月でWBAライトフライ級王座獲得。同年12月にランダエタに判定勝ちで初防衛。左ボクサーファイター。戦績22戦22勝(14KO)。

【関連ニュース】
◇写真特集・亀田と内藤◇亀田大毅、王者・内藤に反則技連発(07年10月)
◇写真特集・亀田と内藤◇興毅、大毅、そして史郎氏・・・亀田家の戦いを振り返る(07年まで)
ボクシング:8回を終え亀田興毅が内藤をリード WBCフライ級世界戦
ボクシング:4回を終え 亀田興毅がきん差で内藤をリード WBC世界フライ級戦
◇写真特集・亀田と内藤◇亀田兄弟そろって謙虚な姿勢 KO勝利におごらず(09年3月)

<ボクシング>亀田興が2階級制覇、内藤に判定勝ち
 世界ボクシング評議会(WBC)のダブルタイトルマッチが29日、さいたまスーパーアリーナで行われた。WBCフライ級タイトルマッチ12回戦は同級3位、亀田興毅(23)=亀田=が同級王者、内藤大助(35)=宮田=に判定3-0で勝ち、新王者になった。06年8月の世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く国内7人目の2階級制覇を達成。35歳2カ月の内藤は6度目の防衛に失敗し、自身の持つ日本人最年長世界王座防衛記録(34歳8カ月)の更新はならず、日本人の世界フライ級王座防衛回数単独最多記録を逃した。亀田興は次戦で暫定王者、ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との対戦を求められている。

 WBC女子アトム級タイトルマッチ10回戦は同級王者、小関桃(27)=青木=が同級5位、ティラポーン・パンニミット(17)=タイ=を判定3-0で破り、3度目の防衛に成功した。17歳3カ月のティラポーンは男女通じて史上最年少の世界王座獲得に失敗。小関は11戦9勝(2KO)2敗。国内の女子世界王者は4人のまま。

 ◆亀田興毅(かめだ・こうき)86年11月17日、大阪市生まれ。11歳からボクシングを始め、弟の大毅、和毅もプロ選手。アマ戦績17戦16勝(12KO)1敗。03年12月にプロデビューし、05年8月に東洋太平洋フライ級王座獲得。06年8月、フアン・ランダエタ(ベネズエラ)に判定勝ちし、国内歴代3位の年少記録となる19歳8カ月でWBAライトフライ級王座獲得。同年12月にランダエタに判定勝ちで初防衛。左ボクサーファイター。戦績22戦22勝(14KO)。

【関連ニュース】
ボクシング:王者・内藤と亀田興が計量パス 29日に決戦
ボクシング:右の王者・内藤vs左の亀田興 29日ゴング
亀田興毅:内藤への挑戦前に公開練習「2階級制覇KOで」
ボクシング:8回を終え亀田興毅が内藤をリード WBCフライ級世界戦
ボクシング:4回を終え 亀田興毅がきん差で内藤をリード WBC世界フライ級戦

桑田佳祐が野外フェスでサザンメンバーと共演

 今年からソロ活動に突入したサザンオールスターズの桑田佳祐(53)が30日、一夜限りのスペシャルバンド「桑田佳祐&SUPER MUSIC TIGERS」を結成。山梨・山中湖村で開催された野外フェスに登場し、「波乗りジョニー」「希望の轍」など10曲を熱唱、約1万4000人を喜ばせた。


 桑田は「国民の皆様、今日は濃い(1日)。選挙に台風もきてる。若くて、(演奏が)うまい人たちに対抗するには人海作戦」とあいさつ。総勢16人のバンドにはサザンの同僚、原由子(52)、松田弘(53)が参加し、昨年8月の30周年公演以来の共演が実現した。


 9月7日のフジテレビ系「桑田佳祐の音楽寅さん」(月曜後11・0)ほか、10月にスペースシャワーTVで放送される。





175Rがバンド史上最長5時間ライブ開催

 175Rは30日、東京・日比谷野外音楽堂でロックバンド史上最長の5時間50曲ライブを慣行。ボーカル、SHOGO(29)は「みんなにパワーをもらって攻め続けます」と絶叫し、ヒット曲「空に唱えば」や新曲「リフレイン~青春馬鹿野郎~」(10月7日発売)などを熱唱。3000人が熱狂した。





大塚愛「おおきに、おおきに!!」
 「a-nation’09 大阪公演」(30日、大阪・長居スタジアム)

 大阪出身の大塚愛にとっては故郷凱旋となるだけに、テンションが上がらないわけがない。「ただいまー、オーサカ!!大阪にいたころ、学校帰りにものすごい通っていた長居です。久しぶりにこんな近場に来られて、ものすごいうれしい」と帰郷のあいさつ。地元ファンで埋まった客席からは、温かな拍手が送られた。

 動きやすいスニーカー履きで、走って跳ねて、力いっぱい手を振っての大暴れ。「PEACH」の歌唱中には、桃を連想させるピンクの巨大バルーン10個がアリーナ席に登場。バルーンが割れると、中からハート形の風船が大量に現れるキュートな演出で、会場に“愛”をあふれさせた。

 ラストは地元ファンのためだけに、特別なプレゼントを用意した。「せっかく大阪に、長居に帰ってきたので、ほかの会場ではやってない曲をやろうと思います。『ただいま大阪』という意味を込めて」と大ヒット曲「さくらんぼ」を熱唱。「おおきに、おおきに!!」。関西弁で何度も感謝の気持ちを伝えて、ステージを締めくくった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。